ナノ構造物性物理グループへようこそ

茨城大学 理学部 理学科 物理学領域

茨城大学 理工学研究科 量子線科学専攻

ナノ空間を利用したユニークな新物質合成と,量子ビーム利用を含んだ多角的実験を行う物性研究グループです.

茨城大学・ナノ構造物性物理グループのページを訪れて下さりありがとうございます.当研究室は2018年4月に発足したグループです.

「物性物理」と呼ばれる学問領域の大きな目標の1つとして「多体電子系」の理解やそこでの新現象の開拓が挙げられます.電子やイオンの基本的な相互作用は既に分かっていますが,それが膨大な数(アボガドロ数個)集まって互いに相互作用することで,磁気秩序や絶縁体金属転移や超伝導などの突拍子もない現象が起こります.このような物理現象を研究する舞台として,私たちのグループでは左図のような配列したナノ空間を利用したユニークな新物質を作成しています.ナノ空間に閉じ込めた電子は,元の孤立原子ともバルク固体とも異なった新しい量子状態を形成します.またそれらが規則正しく配列して相互作用することで,例えばアルカリ金属が磁石になる(磁気秩序を示す)など,元素の個性を超えた物理現象も発現します.このような新物質群を開拓し,分光,磁性,電子スピン共鳴などの実験や,ミュオン,中性子,放射光などの量子ビームを活用した実験を行うことで,多体電子系の物理の謎に迫るとともに新しい現象の発見を目指しています.また,これらの物質に加えて,分子磁性体,有機超伝導体,フラストレーション磁性体,新奇ポーラス物質などにおいても国内外の方々と共同研究を行っています.研究内容の解説はこちらにも今後徐々に書いて行く予定です.

メンバー(学部4年生,大学院生)を募集しています.

2018年4月に発足した研究室です.学生さんを募集しています.


✔ 世界で初めての物質を自分の手で作ってみたい方

✔ ナノ空間で電子を操りたい方

✔ J-PARC MLF,JRR-3,SPring-8や海外の施設でミュオン・中性子・放射光などの量子ビーム実験をしたい方

✔ 物性物理学の実験に興味のある方

当研究室で卒業研究や大学院での研究を行ってみませんか?

見学や相談も歓迎します.ご興味のある方は下記連絡先までメールを下さい.

News

2022.07.07. リチウムイオン電池材料に関する共同研究の論文がJ. Phys. Chem. C誌に出版になり,プレスリリースが行われました.

2022.05.25-30. 紺谷,中野がJRR-3, T1-1にて中性子回折実験を行いました.

2022.05.11-16. 紺谷,原島,中野がJRR-3, T1-1にて中性子回折実験を行いました.

2022.05.05. 平石さんの研究解説記事「ミュオンで探る酸化物材料中の水素の両極性」が日本物理学会誌に掲載されました.KEKで行われた仕事です.

2022.04.11-13. 中野がJ-PARC MLFのミュオンビームライン(D1)における負ミュオンの実験に参加しました.

2022.04.01. 研究室の新メンバーとして4名の4年生(石原未瑳樹君,宇津野魁杜君,大橋歩夢君,佐藤蒼太君)が配属となりました.また,研究員として平石雅俊さんに加入して頂きました.今年度も1年間,研究を頑張りましょう.

2022.03.29. 中野が第1回茨城大学KEK-Day量子線科学講座「量子の目でモノを見る!」において一般向けの講演を行いました.

2022.03.23. 卒業式・学位記伝達式が執り行われました.4年生の皆さん,M2の皆さん,ご卒業おめでとうございます.

2021.03.17. 中野が日本物理学会第77回年次大会において研究発表を行いました.

2022.03.7-9. 中野が量子ビームサイエンスフェスタの実行委員を務めました.

2022.3.8-14. 紺谷君が岡山大学理学部に滞在して共同研究に従事しました.

2022.02.28. 物性実験グループの卒研発表会が行われ,岡田君,溝田君,野宮君が無事に発表を終えました.

2022.02.17. 量子線科学専攻の修士論文発表会が行われ,馬場君と林君が無事に発表を終えました.

2022.01.07. 日本中間子科学会主催のMuon合同研究会において中野が研究発表を行いました.

2021.12.23. 修士研究の中間発表会を伊賀研,大山研,中野研で合同で実施しました.M2の馬場君と林君が発表しました.

2021.12.19-24. 紺谷君が岡山大学理学部に滞在して共同研究に従事しました.

2021.12.17. 有機超伝導体に関する共同研究の論文がPhysical Review B誌に出版になりました.

2021.12.15. 中野が国際会議Materials Research Meeting 2021において研究発表を行いました.

2021.11.29. 中野が編集委員を務める日本中間子科学会会誌「めそん」第54号が発行されました.特集は「協奏的量子ビーム研究の最前線-蓄電池・ソフトマター」です.

2021.11.23.-11.28. 馬場,野宮,中野がSPring-8, BL04B1において高圧下の放射光回折実験を行いました.

2021.10.30.-11.5. 紺谷,原島,岡田,中野が岡山大学グループと共同でJRR-3, T1-1にて中性子回折実験を行いました.

2021.10.14. 中野が国際会議International Conference on Materials Science and Engineering 2021 (Materials Oceania)において招待講演(オンライン)を行いました.

2021.10.08. 対面での研究室ミーティングを再開しました.

2021.10.08. アルカリ金属超酸化物NaO2のスピンギャップに関する共同研究の論文がPhysical Review B誌に出版になりました.

2021.09.23. 中野が日本物理学会2021年秋季大会において研究発表を行いました.

2021.09.21-29. 林君,溝田君,中野で東海キャンパスにて低温ESR実験を集中的に行いました.

2021.09.13-14. 中野が埼玉大学理工学研究科で集中講義(オンライン)を行いました.

2021.08.10. 「量子ビームの相補利用で見る配列アルカリ金属ナノクラスターの磁気秩序」と題する解説記事が日本化学会コロイドおよび界面化学部会のニュースレターに掲載されました.

2021.07.11-14. 紺谷君と原島君がSPring-8夏の学校に参加しました.

2021.04.27-29. 中野がJ-PARC MLFのミュオンビームライン(D1)における負ミュオンの実験に参加しました.

2021.04.01. 研究室の新メンバーとして3名の4年生(岡田健吾君,野宮慎平君,溝田莞爾君)が配属となりました.また,紺谷駿君,原島周平君が修士課程に進学しました.今年度も1年間,研究を頑張りましょう.

過去のニュース