ナノ構造物性物理グループへようこそ

茨城大学 理学部 理学科 物理学領域

茨城大学 理工学研究科 量子線科学専攻

ナノ空間を利用したユニークな新物質合成と,量子ビーム利用を含んだ多角的実験を行う物性研究グループです.

茨城大学・ナノ構造物性物理グループのページを訪れて下さりありがとうございます.当研究室は2018年4月に発足した新しいグループです.

「物性物理」と呼ばれる学問領域の大きな目標の1つとして「多体電子系」の理解やそこでの新現象の開拓が挙げられます.電子やイオンの基本的な相互作用は既に分かっていますが,それが膨大な数(アボガドロ数個)集まって互いに相互作用することで,磁気秩序や絶縁体金属転移や超伝導などの突拍子もない現象が起こります.このような物理現象を研究する舞台として,私たちのグループでは左図のような配列したナノ空間を利用したユニークな新物質を作成しています.ナノ空間に閉じ込めた電子は,元の孤立原子ともバルク固体とも異なった新しい量子状態を形成します.またそれらが規則正しく配列して相互作用することで,例えばアルカリ金属が磁石になる(磁気秩序を示す)など,元素の個性を超えた物理現象も発現します.このような新物質群を開拓し,分光,磁性,電子スピン共鳴などの実験や,ミュオン,中性子,放射光などの量子ビームを活用した実験を行うことで,多体電子系の物理の謎に迫るとともに新しい現象の発見を目指しています.また,これらの物質に加えて,分子磁性体,有機超伝導体,フラストレーション磁性体,新奇ポーラス物質などにおいても国内外の方々と共同研究を行っています.研究内容の解説はこちらにも今後徐々に書いて行く予定です.

メンバー(学部4年生,大学院生)を募集しています.

2018年4月に発足したばかりの新しい研究室です.学生さんを募集しています.


✔ 世界で初めての物質を自分の手で作ってみたい方

✔ ナノ空間で電子を操りたい方

✔ J-PARC MLFや海外の施設でミュオンや中性子などの量子ビーム実験をしたい方

✔ 物性物理学の実験に興味のある方

✔ 研究室の立ち上げに関わってみたい方


当研究室で卒業研究や大学院での研究を行ってみませんか?

見学や相談も歓迎します.ご興味のある方は下記連絡先までメールを下さい.

News

2019.07.03. JSTのさくらサイエンスプランで,Vietnam National Universityから2名の留学生(Ms. Phi Thi Huong and Mr. Sai Cong Doanh)が研究室に滞在中です.

2019.06.25-28. 中野がJ-PARC MLFのミュオンビームライン(D1)における負ミュオンの実験に参加しました.

2019.04.20. 茨城大学サイエンステクノロジーフェスタ2019において「マイナス196℃の世界」という体験コーナーを担当しました.4年生の馬場君,林君,山田君が説明員として大変活躍してくれました.

2019.04.01. 研究室の新メンバーとして4名の4年生(池亀里於君,馬場洋行君,林明弘君,山田健介君)が配属となりました.

2019.04.01. 中野が高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所の客員准教授に就任しました.

2019.04.01. 中野が日本中間子科学会の運営委員(会誌編集委員長)に就任しました.

2019.03.14. 日本物理学会第74回年次大会(於:九州大学伊都キャンパス)において「ゼオライトLSX中のNa-Kクラスターが示すフェリ磁性の高圧Heガス下におけるμSR」と題したポスター発表を中野が行いました.

2019.03.12. 2018年度量子ビームサイエンスフェスタ(於:つくば市)において「偏極中性子回折で見るゼオライトA中のカリウムクラスターの強磁性」と題したポスター発表を中野が行いました.

2019.03.07. アルカリ金属超酸化物RbO2の磁性に関する論文がJ. Phys. Soc. Jpn.に出版になりました.

2019.03.04. ゼオライトLSXにカリウム金属を圧入した系における新たな強磁性相の発見に関する論文がPhys. Rev. Bに出版されました.

2019.01.09. 日本学術振興会の科研費NEWSに研究内容を紹介して頂きました.

2018.12.06. 新4年生に対する研究室説明会を以下の日程で開催します.12/14(金)16:00-,12/17(月)14:20-および,16:00-,12/18(火)16:00-.場所:G205号室.卒研配属に関して当研究室に興味のある方はお越し下さい.もしこれ以外の日程を希望される方はメールを下さい.可能な範囲で日程を調整します.

2018.12.04. ハニカム格子反強磁性体に関する共同研究の論文がJ. Phys. Soc. Jpn.に出版になりました.

2018.11.22-24. the 3rd Neutron and Muon School (J-PARC MLF) においてミュオンビームライン(S1 ARTEMIS)の実習の講師を中野が担当しました.

2018.11.15. 4th International Conference on Functional Materials Science 2018 (ICFMS 2018) (Bali, Indonesia) において招待講演を中野が行いました.

2018.11.02. 茨城大学 ℏ祭で「ナノ空間に超原子を創る」という講演を中野がしました.

2018.11.01. Webページを公開開始しました.

2018.10.27-30. J-PARC MLFのBL15 大観で偏極中性子回折実験を行いました.

2018.10.17-26. 英国のRutherford-Appleton LaboratoryのISISで高圧下のミュオンスピン回転/緩和実験を行いました.

2018.07.04. International Symposium: CORRELATED F-ELECTRON MATERIALS AND RELATION TO THEIR STRUCTURES (Charles University in Prague, Czech) において招待講演を中野が行いました.

2018.05.31. 3rd International Symposium of Quantum Beam Science at Ibaraki Universityにおいてポスター発表を中野が行いました.

2018.05.14. アルカリ金属超酸化物の強磁場磁性に関する共同研究の論文がJ. Phys. Soc. Jpn.に出版になりました.

2018.04.01. 中野岳仁が着任し,研究室が発足しました.